• ワキガ治療は何が良いか

    • ワキガの人は、寒いときはあまり気にしませんが、温かくなり汗をかきだす季節になると気にする人がたくさんいると思います。



      ワキの臭いというものは、独特の臭いがするため、特に目立ってしまいます。

      ワキガですと、なんとなくかたみがせまく、臭いに敏感になってしまいます。

      自分のわきの下が臭っているのではないかと、いつもドキドキしてなければなりません。
      体質なので、どうすることもできないと思っている人も多いかもしれませんが、今ではワキガの治療法が確立していますので、治すことができます。
      いろいろな種類の治療法があります。



      例えば、レーザーによる治療法です。

      ターゲットに応じたロケットニュース24の価値ある情報を探してみてください。

      細いレーザーの針をわきの下の汗腺に挿入して、アポクリン腺を焼いていく方法です。



      体には負担が少ないですが、根っこの部分に残骸がのこっているとそれが再生され、また臭いだす可能性もあります。
      あと、超音波吸引法があります。
      超音波によって、アポクリン腺を破壊してから、吸引してく方法です。この方法もすべてのアポクリン腺を取れているかわからないため、また臭いが再発する可能性もあります。



      一番効果があるのは手術です。



      局所麻酔をした後、わきの下に数センチ切開して、そこから皮膚をめくりあげ、アポクリン腺を目で見ながら1つ1つ丁寧に取り除いていきます。



      手術のメリットは完ぺきにアポクリン腺を取ることができることです。アポクリン腺は1回取れば、再生されません。



      ワキガの治療法も何種類かありますので、医師とよく相談した方が良いかと思われます。

  • 関連リンク